専業主婦でも借りれるカードローン

専業主婦がお金を借りるには

 

専業主婦の仕事といえば、掃除、洗濯、炊事などの家事と家計の管理です。

料理

 

家事は、多少手を抜いてもそんなに困ることはありません。
でも家計の管理は、お金が足りなくなってしまったら色々なところに影響が出てしまいます。
自分だけでなく家族にまで我慢をしいることにもなりかねません。
そんなときにカードローンなどで急場をしのぐのもひとつの手です。

 

しかし2010年6月に施行された「改正貸金業法」によって収入がないと貸金業からお金をかりることができなくなりました。

 

専業主婦が借りるにはどうしたらいいのでしょうか。
「改正貸金業法」とはどんなものなのか、専業主婦が借りる方法と気を付けることについてお話します。

 

 

改正貸金業法はどんなもの?

 

多重債務者の増加が問題になり、お金の貸し過ぎ、借りすぎを防ぐ目的でそれまでの貸金業法が大きく改正されました。
これが改正貸金業法です。

 

ポイントをまとめると、上限金利の引き下げ貸金業者に対する規制の強化、そして総量規制です。

 

特に専業主婦に関係するのが「総量規制」です。
貸金業者から借りられるのは年収の3分の1までという制限のことで、複数の会社から借りる場合も借入額の合計が年収の3分の1を超えて借りることはできません。
収入のない専業主婦は借りられないということになります

 

 

専業主婦はどうしたらいいか?

 

収入のない専業主婦がお金を借りる方法は2つです。

 

1.「配偶者貸し付け」

 

総量規制の例外として、夫婦の収入を合計してその3分の1まで借り入れできる「配偶者貸し付け」というものがあります。
配偶者貸し付けなら旦那さんの年収の3分の1まで借りることができるのです。
借り入れの上限は、旦那さんに借金があればそれとあわせて考えます。
例えば、夫の年収600万円で、借り入れが150万あったとしたら、専業主婦の妻が借りられるのは50万円までです。

 

ただし、配偶者貸し付けで借りる場合は、夫婦であること、配偶者の同意を示す書類の提出が必要になります。

 

2.銀行のローン

 

貸金業法は、消費者金融や信販会社などのキャッシングが対象ですので、銀行のカードローンは対象外です
審査はありますが、利用している専業主婦も多くいます。
条件によっては自分の本人確認書類のみを提出すればいいとこともあります。

 

 

貸金業法が改正されるまえよりも借りにくくなったといえますが、だからといって決して申し込み条件の緩い違法業者から借りることはやめましょう。

 

更新履歴