解説 借金 時効

借金が時効になったら返さないで済む?!

 

借金にも時効があるっていうのは本当でしょうか。
もしそうなら、お金を借りても返済しないでいれば、いつかは借金が消えて返さないですむということですよね?!

 

なんだかウソのような話ですが・・

 

 

借金にも時効があります

 

貸し手が一定の期間、債権を行使しないで放っておいた場合、その債権は消滅します。
この時効が成立した場合は、その後に貸し手が返してと言っても、法律上は返済する義務はありません。

 

まさかホントだったとは!驚きですね。

 

 

どのくらいの期間で時効になるのか

 

カレンダー

それは、だれから借りたお金かによって違ってくるそうです。

 

銀行などの金融機関、信販会社、消費者金融などから借りた場合は、5年。
親族や友人、知人などから借りた場合は、10年。

 

思ったよりも短い気がします。

 

 

時効が成立するには「時効の援用」がいります

 

上記の期間が経過したらそのまま時効になるというわけではありません。
「時効の援用」という時効を主張する行為をしなければならないのです。
貸した側の承諾などは必要ありませんが、配達証明付きの内容証明郵便で援用通知を送るなどで主張します

 

 

時効はモラル違反!簡単には成立しない

 

ここまで、借金にも時効があって相手の承諾なくても成立するなどと、簡単に時効にできそうだなというように話してきましたが、決してそうではありません。
お金を借りたからには返すのはあたりまえのことです。

 

その上、時効が成立するのは貸し手が何年間も放っておいたらの話です。
プロは決してそんなことはしませんし、個人でもそうあることではありません。

 

 時効になることを願うより、誠意ある態度で前向きに対応していきましょう。