解説 信用情報

かんたん解説「信用情報」

 

カードローンの申し込みをすると受ける審査で個人の信用情報を参照しますと聞きました。
信用情報ってなんでしょうか?
勝手に自分の情報を見られるようで怖いです。

 

 

個人信用情報とは?

こちら

 

審査では「この人に貸しても本当に大丈夫なのかな?」ということを判断します。
貸す側も返してもらえなさそうな人に貸すのはリスクが大きいのです。

 

そこで利用されるのが個人信用情報です。

 

個人信用情報には、氏名、生年月日、住所、電話番号、性別などの個人を特定するための基本情報に加えて、ローンやクレジットカードの借入状況、金額、契約状況、返済状況などの情報が登録されています。
また、ローンやクレジットカードの申し込みをした事実や、事故情報といわれる債務整理や延滞の事実も記録されます。

 

これらの情報は勝手に登録されているわけではなく、さまざまな場面で「個人信用情報に登録されます。よろしいですか。」と確認されているはずです。(自分で気づいていなくてもです)

 

 

個人信用情報がある理由

 

悪いイメージを持たれていることがよくありますが、決してそうではありません。
銀行や信販会社、消費者金融などが、過剰貸し付けの防止や多重債務者を増やさないように自主的に設置しているのです

 

書類

内容がどうしても気になるというときは、個人で取り寄せることも可能です。
開示請求をしてみると良いでしょう。